backcountry- 北海道 Wild Life Style のススメ -
backcountry by 岳 + 幸司朗
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
Skypeボタン
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
リンク


w/ DJ MITSU THE BEATS @ FLY
ふぬっっっ!

デーゼー (DJ) ネタしかアップされてない今日この頃だけど、無論、山には合間をかい潜って行っとります!

今週末は仙台からこの男を迎えて北の大地を↑てきます。
この夜は完全にヒプホプモードでしょう!
f0156541_4384033.jpg

詳細は↓Silent Fleet のサイトで。
"w/ DJ MITSU THE BEATS @ FLY"


[PR]
# by gak546 | 2009-09-14 04:45 | サウンド
MAGICAL CAMP 2009
今週末は下界ですが札幌手稲でキャンプしとります。
DJ 以外にも、backcountry 的な話をする機会も与えて貰ったので、興味ありましたら是非!
f0156541_9474060.jpg

詳細は↓Silent Fleet のサイトで。
"MAGICAL CAMP 2009"


[PR]
# by gak546 | 2009-08-27 09:50 | サウンド
Obihiro Rozan
今日の BCM:
Unknown - Make Dance [2008 / Golf Channel / Taken from "Try To Find Me vol.1"]

ちょいと前のリリースだけど、最近もっぱらゴルフ漬けな自分にとっては正にタイムリーな1曲、NYC のアングラレーベル Golf Channel からのブギーでスモーキーなディスコファンク。レーベルとサウンドのコンセプトメイキングも相当なレベルかと。どこの稜線かは分からんが、山のアートワークとかもナイス。こんな音聴きながら、高めのテンションで一緒にラウンドする輩、募集中!


ご無沙汰しております。シーズン中は全力で遊んでいる為に、さっぱりブログ更新してない者です。
週末は山に釣りに DJ に、そして前途のゴルフと油断も隙もあったもんじゃありませぬ。

さて、予てから取り掛かってたブツが完了したので、今宵はショートにご報告まで。

今年の4月から、所属する帯広勤労者山岳会の組織部長などに任命されまして、許される時間がある限りチョコチョコとやっていたワケではありますが、ついに...
f0156541_291887.jpg
f0156541_293488.jpg

帯広勤労者山岳会 in short、「帯広労山」ロゴ完成!!

f0156541_12623.jpg

そして、新たなる同志を求めてポスターもやらせて貰いました。

写真の山は、同会の辰巳氏が写す日高を代表する名峰、カムイエクウチカウシ山 in short、カムエク(アイヌ語で「熊が転げ落ちるほどの急峻な山」の意)。

1970年の福岡大学ワンダーフォーゲル部のヒグマによる遭難事故でも知られる山ですが、その教訓も含めて十勝を担う山岳会の存在意義として相応しいと判断しました。

イメージが小さいので、折角書いたポスターの文面載せてしまおう。


帯広勤労者山岳会
2009年度新会員募集中!

入会金:¥500(初回のみ)
会費:¥1,000 / 月(学生割引・家族割引有り)
労山遭難対策基金加入推奨

帯広勤労者山岳会とは?
帯広勤労者山岳会(略称「帯広労山」)は1971年に結成され、日本勤労者山岳連盟に所属しており 日高・大雪をホームグラウンドに現在約30名にて活動しています。山行活動は四季を通じて行なわれています。夏は尾根歩き、沢登り、フリークライミングなど、積雪期は冬山登山、山スキー、アイスクライミングなど行っています。当会は安全で快適な登山を目指しています。シーズン前にはロープ訓練、沢訓練、冬山訓練、雪崩講習会など、山登りに必要な技術の習得を目的とした「訓練山行」 を開催しています。会への加入は経験・年齢・性別は問われません。先ずは帯広労山にご連絡下さい。そこには、国内有数の北海道・十勝の大自然を堪能し、そして感動を共有する事ができる愉快な仲間が居ます!新しい出会いを心待ちにしています!

- 加入 / 見学、その他ご質問に関するお問合せ先 -
E-mail:obirou at gmail dot com
Tel / Fax:0155-36-8160
*常駐ではありませんので、毎週火曜日の例会時 20:00頃~の間しか受け答えが行えません
URL: http://city.hokkai.or.jp/~masanobu/

- 事務所所在地 -
北海道帯広市西16条南6丁目
(いちまる若葉店かランチョ・エルパソから西へ徒歩1分)
*事務所前には駐車場がありません
*お気軽に遊びにいらして下さい、直前にでもお電話いただければ幸いです





P$:ポスターをどこかで見掛けた人は連絡下さい、山ポイント差し上げます。
[PR]
# by gak546 | 2009-08-26 02:11 | アクティビティー
MAGICAL CAMP 2009 Pre-Camp in OBIHIRO
山に籠りたい気分の残りわずかの残暑、下界に居るのならば明日、8/22 (Sat.) は街場で盛り上りましょ。
f0156541_2125276.jpg

詳細は↓Silent Fleet のサイトで。
"MAGICAL CAMP 2009 Pre-Camp in OBIHIRO"


[PR]
# by gak546 | 2009-08-21 21:25 | サウンド
Oh My Rod!!
今日の BCM:
Mel Torme And The Marty Paich Dek-Tette - The Goodbye Look
[1988 / Concord Jazz / Taken from "Reunion"]

「別れの予感」と言えば間違いなくこの曲、オリジナルは Steely Dan の片割れ、Donald Fagen のソロ名盤 "Niteflight" から。曲調自体は Mel のとっつぁんカヴァーの方が的を射ていて好みです。

キューバ革命の動乱の曲とは言われてますが... アメリカを去る前夜に「オレの思うところのアメリカとは?」みたいなコンセプトで DJ したとき、これをプレイすると友人が「お前は頭狂ってる!」と言って大喜びでした。w


予告通り、例の「試練の川」へ行って参りました。
今回はマジで新たなる試練与えられました...
f0156541_338612.jpg

当日は曇り、十勝地方は珍しくこの季節で「低気温注意報」が発令され、家庭ではストーブを炊いた日でもあったでしょう。川は連日の雨からの影響で水量が多く、手前の半分枯れた山葡萄の枝が川面に差し掛かってるあたりが何とも怪しい雰囲気。

早速、プーさんのウ○コを発見!
f0156541_3483384.jpg

石の聖水痕(神なので...)と、ブツをアラレちゃん感覚でツンツンするに、むむっ、この硬さは3日前ぐらい、推定4歳ですな。昨年、ここはヤツの通り道で無かったのに!

そこからまたちょっと進むと...
f0156541_3551466.jpg

ワォッッッッッ! ぶらんにゅー、ふっとぷりんと!
スレ違い、アブね〜、数時間前と思われる。

念のため装備確認!熊スプレー OK!サバイバルナイフ OK!
ま、会った時は会ったなので、その時考えよう。心構え OK!

さっぱり釣れない(サクラらしいバイトはあるのだが、浅過ぎる)ので、気分転換に山の珍風景撮影。
f0156541_354572.jpg

流木でワケ分からなくなってる小沢の小滝。

f0156541_356885.jpg

おっぱいフキ。く、くだらなさ過ぎる...
プーさんのプレッシャーで、若干、思考回路がオカシクなっております。

そして、本日の核心に来ました。
f0156541_45406.jpg

あの〜ですね、一体何が好きでこのクソ寒い中、水温7℃、深さ約5m の流れるプール泳がなくてはならないんでしょう...

ふと我に返ると、自分はリアル阿呆かと疑ってしまいます。
f0156541_455872.jpg

本日のセルフポートレイト。
これは忍法「木化け石化けの述」を使って流れを読んでいる貴重な瞬間です。

と、何とか核心部をクリアしながらも、まぁまぁ押しの強い流れを渡らずに負えないところに差し掛かりました。
f0156541_484510.jpg

腰のベルトに竿を差し込んで、エイヤ、ソイヤ!

アレ?あれあれ?カラダが進まん!
これはもはや、ジムのランニングマシーン状態 in 川!!

ふと、その時、背後で何かが倒れた気配が...

パタッ...??















Oh my rooooodddddd!!!!!!!!!!!!!!!

そう、腰に差してあった竿が流れに下側から押されて、川の藻屑と消え去ったのでした...

空いた口が塞がらないとは正にこのこと、対岸に何とか渡り切って、しばしの現実逃避のコーヒーとタバコを嗜んだ後、どう考えても「流された」という現実を受け入れる事に。

さて、どこかに引っ掛かってないか、プールの底に沈んでないか、色々と考えながらも周囲を少し探したけれども(同じ長さぐらいの木の枝を投げ入れてのシュミレーションとか)、今日のこの水量で探したら間違いなくお命頂戴されるという判断に。

あの「パタッ...」の瞬間、一生忘れません。
今までいつも手を握り合ってたアイツが、道具と言うよりは、既にカラダの一部となってたアイツが突然消えた瞬間。「死」とはこういう感覚なんでしょう、アイツ、オレの代わりに... うぅっっっ。


実質、9万ぐらいが秒で飛びました。
イタイ、痛過ぎるぞ!

その後、「竿の無くした釣師は、刀を無くした侍と同じじゃ!」と後ろ髪最強引かれる思いで、高巻きして川から上がる事に。

すると、気が付けば川から高さ約20m、80°ぐらいの急斜面に立ってるじゃねーか!
マズい、動揺して冷静な判断が出来なくなってる!この木の根っこが抜けた瞬間、確実に転げ落ちて死ぬな...

こんなとこで死ねるか馬鹿野郎!
ふぬぅぅぅぅぅ〜!

と、何とか安全地帯に取り付いたのでした。ハァハァハァ。

そんな肉体的にも精神的にもスタボロな自分を唯一慰めるのは、上流にデポして(ぶん投げて)おいた
f0156541_429194.jpg

勝手に30歳記念で導入した Cannondale 2008 Scalpel 4!!
数々の世界的なクロスカントリーレースでチャンピオンに輝いた素晴らしいバイク。

どうしても、マットブラックな Lefty(Cannondale 独自の左側だけのフロントフォーク)に乗りたかったのです。このお尻をコンコン突くようなフィーリングは独特です。

帰りはいつも1時間は歩いてた林道を、へ?10分?といったカンジで車に到着したのでした。早ぇ〜!
ただ、途中の下りで50Km ぐらい出てしまって、ハンドルが砂利 de プルプルして死にそうになりましたケド。

と、今回も無事生還!!
恐るべし、試練の川!!コンチキショー!!





本日の殉職:
Anglo & COMPANY / Boron Precision 5'3"
Abu Garcia / Cardinal 3
ITO CRAFT / 蝦夷50S Type-Ⅱ / 50mm / 5.0g / AU

P$:
f0156541_4532851.jpg

このロッドに Abu の Cardinal 3 がくっついて地球上のどこかにあるハズです。
ロッドのブランクに "gak" とネームがペイントされてます。何処かで見掛けたらご連絡を!
写真は余りにも素晴らしいので Anglo の HP から勝手に拝借しました、菅沼さんお許しを!

そろそろ釣り保険にでも入ろうかなぁ。流されたケースって一体...
[PR]
# by gak546 | 2009-07-01 05:10 | 釣行記