backcountry- 北海道 Wild Life Style のススメ -
backcountry by 岳 + 幸司朗
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
Skypeボタン
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
リンク


<   2008年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧
Five Ten Canyoneer 2
ちょうど1ヶ月前、アメリカから怪しい箱が届いた。
f0156541_0203868.jpg

アメリカ、相変わらず段ボール薄っっっ!ある意味エコか!?

約3ヶ月間悩みに悩んだ末に、ついに来ました、キャニオンを攻める漢達のマスターピース...
f0156541_02738.jpg

Five Ten Canyoneer 2!!!

ベルト×2に足首ネオプレーンと包み込むデザイン、言わば沢ブーツ?
f0156541_0374464.jpg

黄色1色のみという意味不明なプロダクト展開... 頼むから、違う色出してくれぇぇ〜。

やはり特筆すべきは、Five Ten 開発の Aqua Stealth ソール、S1 & C4 のミックス。
f0156541_045241.jpg

通常市販されてる Aqua Stealth とソールパターンも大分違う。っていうか、そのネーミング...
「アクアステルス」、危ねぇなぁ。

通常の沢靴やウェーディングブーツのフェルトソールとの比較があーでもないこーでもないと常に輩を騒がせてるけど、「履いてみなさい、履けば分かる。」

ヌメヌメでは確実に滑るけど、その短所を差引いても一度履くとフェルトには戻れん。特にクライミング重視のフィールドではフリクション(摩擦)が確実。そして意外にヒールがガシッと決まる。更には河原や林道の移動では遡行スピードが倍の早さに!今までてくてく歩いてたのがスキップ & ジャンプみたいなウソの様な身軽さ。そりゃそうだ、軽量うたう片方 500g のフェルトシューズでも水含んだら結局 850g ぐらいになるんだからさ。

取りあえず、到着記念で1枚パチリ。
f0156541_111113.jpg

雰囲気だけ、Brooklyn の 4th Ave. 意識。こちら、北海道帯広市の West 3rd Ave. だけど、何か?

今回、購入にいたるまで色々と世話になった、Carmel, CA にある Mountain Tools の Larry, Thanx!!
f0156541_1485913.jpg

サイトに "Ask The Tool Man" というタブから質問するとかなり迅速な応答。
気になるサイジングに関しては「オレも 2mm のネオプレーンソックスを履いてるけど、通常のスニーカーサイズでジャストフィット」などと分かり易いアドバイス。発送も USPS で確実、トラッキングナンバーもメールしてくれる、1週間足らずで無事到着。

なぜか $99.95 とセール価格(今は終わったみたい)で送料2足で $50.00 ぐらい。

余談だが、一応、日本で Five Ten 正規輸入代理店の Caravan さん、あんたら何でこの靴入れないの?ついでに、その「渓流」っていうタグ、いいかげん止めなさい、時代に則してないから。

コイツのレビューも決め手となった。

岳 + 幸司朗

今日の1曲:Big Boi feat. Raekwon & Andre 3000 / Royal Flush [Outkast Music / 2008]
[PR]
by gak546 | 2008-07-24 01:36 | マスターピース
The Season Opens
2008/07 初旬

祝!解禁
と、いうことで、北海道では 7/1 から山女が解禁となり、1年で一番良いシーズンを迎えました。

今日は写真集的なカンジで皆さんにお届け。
では、行ってみますか。
f0156541_2293997.jpg

今年もやって来ました!年の釣行の7割はついつい来てしまう通称「試練の川」の水域。
何が「試練」かと言うと、生半可な装備と心構えでは攻略が不可能なワケで、油断すると断崖絶壁から転げ落ちたり、川で溺れたり、ヒグマに遭ったりと確実に死にます。
f0156541_2312762.jpg

まさに山岳渓流な渓相。
f0156541_232861.jpg

こんな函を泳いだり、崖をクライミングして上流を目指します。他のアプローチ方法は皆無!
f0156541_2334767.jpg

真ん中に在る黒く細長い影がお魚ちゃん達。

ここで、ちょっとブレイクタイム、最近見掛けた河原の生物特集。
f0156541_2353582.jpg

ミヤマカラスアゲハちゃん、キレイですね。
f0156541_2362042.jpg

ジムグリちゃんというヘビですね、おとなしくて噛んだりしません。顔がキュートらしい...

お次は不思議な風景特集。
f0156541_23823.jpg

遥か昔、良い時代だった時のつり橋が架かってました。
その後、無理に崖を高巻いて、川に降りようとしたら微妙に水が差しててスリップし、5m 転落。手の皮ベロ剥けしました。ナルホド、どおりで橋が架かってたワケだ...
f0156541_2413782.jpg

何とも不思議な自然の造形美、恐竜みたいな岩と、
f0156541_2424111.jpg

その岩から流れの中を偵察する岳。
水がキレイすぎて、魚から見えないように、背後からコソ〜リとのぞき込みます。

気になる釣果は...
f0156541_2442550.jpg

今年初釣行にして初ヤマメを釣上げた幸司朗、超ご満悦。
f0156541_2454384.jpg

そのヤマメ。ちょいとギンケしてて、これから海へ降るのでしょう。

そして、解禁直後にしてやりました...
f0156541_247428.jpg

キタァァァァァッァァァー!スーパーヤマメ!
ジャスト 30cm ちょいのナイスバディーなメス。

ヤマメは大きくて 40cm ぐらいまでに成長しますが、それは東北の話で、ここ北海道ではそこまでは大きくなりません。釣の世界では俗に1尺を越えるヤマメやイワナに対して「尺モノ」と呼び、要するにデカイってことです。

こんな時、やはり口をついた定番の言葉は...
「山の神様、ありがとう」w

軽くキスしてリリース...

悦に入って、「あばよ、またどこかで逢おうぜ!」みたいなノスタルジア。
女性陣の皆さん、分かります?そんな気持ち。
f0156541_2595215.jpg

夕焼けが川面に反射して何ともロマンチック。

と、徒然と書きましたが、色々とありました。

崖から転落して、深さ 5m 程の決して落ちてはイケない激流に転落して流されたり、ヒグマとニアミスしたり等々。

ま、でもこうして今日も生きてますわ、僕たち。

f0156541_2592473.jpg

帰り道はこんな優しい風景に、疲れきった心と身体も和んでしまいます。

岳 + 幸司朗

今日のヒットルアー:ITO CRAFT / 蝦夷50SⅡ / 50mm / 5.0g / YMO, AU, ITS & BG
今日の1曲:Matthew Larkin Cassell / In My Life (Taken from Pieces) [No Label / 1977]
[PR]
by gak546 | 2008-07-06 03:28 | 釣行記