backcountry- 北海道 Wild Life Style のススメ -
backcountry by 岳 + 幸司朗
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
Skypeボタン
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
リンク


カテゴリ:マインドトレーニング( 5 )
BANFF
2008/10/14

今日の BCM:TRUS'ME / Browns [Prime Numbers / 2008]
*昨年末、真っ黒な自主制作 12" で巷を湧かせた TRUS'ME の音源をまとめた EP が目出度くリリース!G-Dep / Hear Over Wheels と同ネタの Tom Brown / Charisma 使いが今にフィット。
しかし、G-Dep のリリックはシビれる。たまに山奥で口ずさんどります。


もう、既に始まってるけど、今年もやってまいりました、山師のフィルム祭典
BANFF Mountain Film Festival in Japan 2008!!(←詳細はホームページに任せて...)
f0156541_232093.jpg

今年も patagonia のプリゼンツということで、俄然アガります。

上映作品の中でも...

"Searching for the Coast Wolves"(←トレーラー観れるよ)
f0156541_232957.jpg

クロスカントリースキーの元世界チャンピオン、グドルン・プフリューガーのブリティッシュコロンビア州に生息する神秘的なオオカミとの遭遇のドキュメンタリー

と、

"King Lines"(←同じく、トレーラー観れるよ)
f0156541_232183.jpg

トップクライマーであるクリス・シャルマによる、世界各国のクレイジーな岩場紀行

の2長編が最高に面白そう。

我が北海道は、10月26日(日)の14:00〜上映だけど、東京出張により今年も断念... 無念。
完全、説得力に欠けるが...





「み、みんな、オレのことは放っておいて、行くんだぁぁぁあぁぁぁ!」





P$:R.I.P. 峰岸徹
映画のプロジェクト、一緒に出来なくて残念です。
あの日飲んだ酒は忘れません、プロジェクトは必ず成功させます。
[PR]
by gak546 | 2008-10-14 23:13 | マインドトレーニング
Another MSR
2008/05/24

先月末、東京に出張した際に Masaya Fantasista に電話すると、「ちょっと寄ってよ」と、小雨の中、代々木八幡に在る Another MSR に行った。
f0156541_2594460.jpg

Jazzy Sport のスタジオ、"Music Safety Research"
f0156541_2595375.jpg

着くやいなや、沢登りギア談笑に華が咲く。
そして、頭を悩める右から Wassupski、Masaya Fantasista、& 俺。
なんで頭が痛いかと言うと、国産沢ギアのデザインが余りにもイナタイから。

その日は GAGLE のレコーディングをやってた。
f0156541_30519.jpg

左から、シンガーの Mahito、HUNGER、MITSU THE BEATS、エンジニアの oqd(かなり右奥)
Masaya Fantasista & Wassupski の 面 men。

写真には無いが、スタジオの機材構成のバランスが絶妙で好印象。出音も良い。

山でも音でもそうだけど、ギアのチョイスって本当に悩む。楽しさ半分だけど、限界超えるとハゲる。w
一昔、オーディオ(特に電線地獄)に傾向してた時期に救いとなった言葉をご紹介。

「見た目気に入れば、全て良し」

これは、モノとして愛着湧くことが全てであり、スペック的な弱点を気にせず、工夫して永く使いこなせるって意味。そして、最高にカッコ良くて最高に使い勝手が悪いモノを完全に使いこなすのが美学なんですよ、と。

逆にスペックは完全に満たしてるケド、見た目気に入らないモノをどうやって使い続ける?
「渓流」って書いてるタグが付いた沢靴とか、シャンパンゴールドのフェースプレートの CD プレイヤーとかね。w

ブラザー達よ、胸張ってカッコから入りなさい!



今日の1曲:Gecko Turner / Monosabio Blues (Philip Owusu Remix) [LOVEMONK / 2007]
[PR]
by gak546 | 2008-06-04 03:08 | マインドトレーニング
Light & Fast in Mac Life
2008/05/27


「もしかして、死んだ?」











って友人からメールが来た。ブログの更新がご無沙汰、御免。

ゴールデンウィーク直前から丁度約1ヶ月間、公私共に多忙を極め、平日は3時間睡眠 & 先週に至っては出張が重なり、1晩しか家に居ないというワケ分からない強行スケジュールに...

さらにその最中に MacBook Pro を入替え、直後、古い MBP に新しい MBP から Firewire 経由で OS をインストール(古い方のスーパードライブが壊れてた)すると、何故か新しい方のハードディスクが初期化されるという... 決して人為的なミスではない謎の現象が起こり、バックアップを舐めてた自分は人生初のリカバリーをすることに。

それはもうドラマに良くある、ゴミ処理センターのゴミの山山山から自分の大切なモノを探してる気分。

<中略>

長くて深く、暗くて冷た〜いリカバリーのゴルジュを抜け、はい、最近復活しました。

言い訳はこれぐらいで止めて、気を取り直して...

Light & Fast(装備を極力軽くコンパクトにして素早く山行するスタイル)を始めると実生活の色々なところに組み込みたくなってしまう今日この頃。

北海道では taspo が始まってから既に1ヶ月近く経つが、在る意味意思の固い愛煙家な私、極端な話、いつまで続くか分からない無意味な 5g(カード1枚)を持ち歩くのも馬鹿げてる。だって、現実は、居酒屋の Knee ちゃんも、スナックの Nee ちゃんも貸してくれるじゃん。

そんな感覚がついに Mac までにも及んだのが、そもそも今回のアホみたいな回復劇の引き金に。

これまでは、音楽 & 映像制作の為だけに、MacPro 2GHz Dual Core を使ってたが、昨今のノートスペックを踏まえると、ホームスタジオレベルではもはや不要かと。そこで、MacBook Pro 2.4GHz Core 2 Duo に最大である 4GHz のメモリを積み、ハードディスクはもちろん 7200rpm で、 ExpressCard/34 スロットに eSATA カードを突っ込み eSATA 経由でストレージに高速アクセスという作戦に決めた。

多分、この方法以外でプロユーザーを満足させる Mac での Light & Fast は今のところ無い。

と、パソコンに興味が無いのにここまで読んでくれたアナタ、アリガトウ。
要はパソコン周りを機能性とクオリティーのバランスを取って小振りでハイスピードにしたんですよ。

なにはともあれ、暫定的に「究極の営業マン仕様」と判断した MacBook Air の存在そのものに考えさせられたのは紛れもない事実。

これは、ある日突然、スリムでスタイリッシュ、且つインテリジェント、銀のスーツに身を包んだ美人のネーチャン、もとい、宇宙人が目の前に現れ、ジッパーを下げながら「シャチョウサン、スキニシテイイヨ」と言い寄ってきた状況とも言える。

そんな場合、あなたならどうする?

f0156541_3172215.jpg

かつてのシステム、(MacPro は写しても仕方無いので...)その昔、 STRIP STUDIO の赤川新一も激レコメンしてた SAMSUNG SyncMaster 172x 2機 & Filco のアルミキーボード & 定番トラックボール Kensington Expert Mouse、入力系は変わらず使い続けるでしょう。
f0156541_3173251.jpg

新しいパートナー、MacBook Pro 2.4GHz Core 2 Duo ベイビーちゃん。入れ替えたのに外観が全くかわらんのが良いやら悪いやら...

話は変わって、最近コミュニケーションの方法に疑問を感じる。
「時代」の一言で片づけるのもなんだが....

実際に会うの次にグッと来るのはやっぱり手紙でしょう!

そんなことで、今回のパソコン依存が裏目に出た件もあり、今後は少しずつ手紙を導入しようかと。
ホラ、いつも通り家に帰ったらポストに入っている突然の手紙、嬉しいじゃない?
f0156541_3174296.jpg

Nepenthes Sapporo から届くレターはいつも素敵。



[PR]
by gak546 | 2008-05-27 03:25 | マインドトレーニング
Magazine
2008/04/05

最近、あらゆるジャンルのオモシロイ雑誌がいっぱい増えたなぁって思う今日この頃、雑誌は大好きでジャンル問わずで毎月10~20冊近くは購読してるのですが、ここは backcountry ということで、今回は3冊ほどご紹介
f0156541_2030100.jpg

f0156541_2042030.jpg

f0156541_2043768.jpg

今回はかなりベタかもしれませんが、最近の雑誌はネタも尽きずにと感心すると同時に大人心をくすぐる魅力的なアイテムがそれだけ世にいっぱい出回ってるんだなってと同時にかなりアウトドアよりになってるなっていうか、行き着くとこに落ち着いてきたのかなって

話しは全然変わって、
今日ちょっとした買い物をしにスーパー行った時に目に飛び込んできたモノ
f0156541_20291339.jpg

こんな焼きそば、前からありましたぁ!?

ウィキペディア(Wikipedia)情報
1967年(昭和42年)、袋麺タイプのインスタント焼きそばとして、サンヨー食品から発売された。液状タイプのソースでなく、粉末ソースで炒める焼きそば。パッケージには、ターバンを巻いたインド人風の青い目の人形の写真と、「不思議な位おいしく出来ます」というキャッチコピーが記載されている。
当初、全国販売され、テレビコマーシャルも放映されていたが、現在は千葉県北部から茨城県南部を中心に販売されている。そもそも地域限定販売を狙ったのではなく、他の地域では売り上げが芳しくない中で、千葉県から茨城県の一部地域だけで好評だったため、このような販売形態になった。マックスコーヒーと同様に「千葉県ご当地食品」と呼ばれることが多い。

長年愛し続けてるホンコンやきそばにライバル現れたかぁ
f0156541_20384757.jpg

負けるな、ホンコンやきそば!!!

幸司朗
[PR]
by gak546 | 2008-04-05 21:09 | マインドトレーニング
From The Learning Resource Center
シーズン前、お勉強の追い込み時期、Backcountry に資料がいっぱい届いた。
f0156541_127895.jpg

帯広開建プレゼンツ「十勝の川の生き物たち」
十勝の川に生息するあらゆる魚類、両生類・爬虫類、哺乳類、鳥類、昆虫、草花等の生態と生息域が載っている。いやいや、参りました。しっかり勉強させて貰います。また、これを入手してくれた、友人のO氏にこの場を借りて感謝!
f0156541_1275667.jpg

ちょっと見逃してたケド、昨年の Coyote 10月号。心酔の ARC'TERYX の諸々が32ページにも及んで特集されてる。いつかはこんなカンパニー、この十勝の大地で作り上げたいもの。
f0156541_1336100.jpg

2008年の Cascade Design のカタログも届いた。一応、説明をすると、MSR、THERMAREST、SEAL LINE、Platypus の4ブランドを抱えております。1年を通して色々なカタログを見るけど、シーズンが終わる頃には必ずボロボロに。特に、MSR のコンセプトメイキングは他に類を見ないレベルを感じさせられる。
f0156541_142926.jpg

最後は先月の mono マガジン。マンパに関しては広く浅くな内容だけど、同じ北海道で世界7大陸最高峰単独無酸素制覇を目指す栗城史多のページが嬉しい。25歳、身長162 cmに秘められた大きな可能性と野望。見習いたいモノです。

春めいてきた今日この頃。

岳 + 幸司朗
[PR]
by gak546 | 2008-03-12 01:55 | マインドトレーニング