backcountry- 北海道 Wild Life Style のススメ -
backcountry by 岳 + 幸司朗
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
Skypeボタン
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
リンク


Oh My Rod!!
今日の BCM:
Mel Torme And The Marty Paich Dek-Tette - The Goodbye Look
[1988 / Concord Jazz / Taken from "Reunion"]

「別れの予感」と言えば間違いなくこの曲、オリジナルは Steely Dan の片割れ、Donald Fagen のソロ名盤 "Niteflight" から。曲調自体は Mel のとっつぁんカヴァーの方が的を射ていて好みです。

キューバ革命の動乱の曲とは言われてますが... アメリカを去る前夜に「オレの思うところのアメリカとは?」みたいなコンセプトで DJ したとき、これをプレイすると友人が「お前は頭狂ってる!」と言って大喜びでした。w


予告通り、例の「試練の川」へ行って参りました。
今回はマジで新たなる試練与えられました...
f0156541_338612.jpg

当日は曇り、十勝地方は珍しくこの季節で「低気温注意報」が発令され、家庭ではストーブを炊いた日でもあったでしょう。川は連日の雨からの影響で水量が多く、手前の半分枯れた山葡萄の枝が川面に差し掛かってるあたりが何とも怪しい雰囲気。

早速、プーさんのウ○コを発見!
f0156541_3483384.jpg

石の聖水痕(神なので...)と、ブツをアラレちゃん感覚でツンツンするに、むむっ、この硬さは3日前ぐらい、推定4歳ですな。昨年、ここはヤツの通り道で無かったのに!

そこからまたちょっと進むと...
f0156541_3551466.jpg

ワォッッッッッ! ぶらんにゅー、ふっとぷりんと!
スレ違い、アブね〜、数時間前と思われる。

念のため装備確認!熊スプレー OK!サバイバルナイフ OK!
ま、会った時は会ったなので、その時考えよう。心構え OK!

さっぱり釣れない(サクラらしいバイトはあるのだが、浅過ぎる)ので、気分転換に山の珍風景撮影。
f0156541_354572.jpg

流木でワケ分からなくなってる小沢の小滝。

f0156541_356885.jpg

おっぱいフキ。く、くだらなさ過ぎる...
プーさんのプレッシャーで、若干、思考回路がオカシクなっております。

そして、本日の核心に来ました。
f0156541_45406.jpg

あの〜ですね、一体何が好きでこのクソ寒い中、水温7℃、深さ約5m の流れるプール泳がなくてはならないんでしょう...

ふと我に返ると、自分はリアル阿呆かと疑ってしまいます。
f0156541_455872.jpg

本日のセルフポートレイト。
これは忍法「木化け石化けの述」を使って流れを読んでいる貴重な瞬間です。

と、何とか核心部をクリアしながらも、まぁまぁ押しの強い流れを渡らずに負えないところに差し掛かりました。
f0156541_484510.jpg

腰のベルトに竿を差し込んで、エイヤ、ソイヤ!

アレ?あれあれ?カラダが進まん!
これはもはや、ジムのランニングマシーン状態 in 川!!

ふと、その時、背後で何かが倒れた気配が...

パタッ...??















Oh my rooooodddddd!!!!!!!!!!!!!!!

そう、腰に差してあった竿が流れに下側から押されて、川の藻屑と消え去ったのでした...

空いた口が塞がらないとは正にこのこと、対岸に何とか渡り切って、しばしの現実逃避のコーヒーとタバコを嗜んだ後、どう考えても「流された」という現実を受け入れる事に。

さて、どこかに引っ掛かってないか、プールの底に沈んでないか、色々と考えながらも周囲を少し探したけれども(同じ長さぐらいの木の枝を投げ入れてのシュミレーションとか)、今日のこの水量で探したら間違いなくお命頂戴されるという判断に。

あの「パタッ...」の瞬間、一生忘れません。
今までいつも手を握り合ってたアイツが、道具と言うよりは、既にカラダの一部となってたアイツが突然消えた瞬間。「死」とはこういう感覚なんでしょう、アイツ、オレの代わりに... うぅっっっ。


実質、9万ぐらいが秒で飛びました。
イタイ、痛過ぎるぞ!

その後、「竿の無くした釣師は、刀を無くした侍と同じじゃ!」と後ろ髪最強引かれる思いで、高巻きして川から上がる事に。

すると、気が付けば川から高さ約20m、80°ぐらいの急斜面に立ってるじゃねーか!
マズい、動揺して冷静な判断が出来なくなってる!この木の根っこが抜けた瞬間、確実に転げ落ちて死ぬな...

こんなとこで死ねるか馬鹿野郎!
ふぬぅぅぅぅぅ〜!

と、何とか安全地帯に取り付いたのでした。ハァハァハァ。

そんな肉体的にも精神的にもスタボロな自分を唯一慰めるのは、上流にデポして(ぶん投げて)おいた
f0156541_429194.jpg

勝手に30歳記念で導入した Cannondale 2008 Scalpel 4!!
数々の世界的なクロスカントリーレースでチャンピオンに輝いた素晴らしいバイク。

どうしても、マットブラックな Lefty(Cannondale 独自の左側だけのフロントフォーク)に乗りたかったのです。このお尻をコンコン突くようなフィーリングは独特です。

帰りはいつも1時間は歩いてた林道を、へ?10分?といったカンジで車に到着したのでした。早ぇ〜!
ただ、途中の下りで50Km ぐらい出てしまって、ハンドルが砂利 de プルプルして死にそうになりましたケド。

と、今回も無事生還!!
恐るべし、試練の川!!コンチキショー!!





本日の殉職:
Anglo & COMPANY / Boron Precision 5'3"
Abu Garcia / Cardinal 3
ITO CRAFT / 蝦夷50S Type-Ⅱ / 50mm / 5.0g / AU

P$:
f0156541_4532851.jpg

このロッドに Abu の Cardinal 3 がくっついて地球上のどこかにあるハズです。
ロッドのブランクに "gak" とネームがペイントされてます。何処かで見掛けたらご連絡を!
写真は余りにも素晴らしいので Anglo の HP から勝手に拝借しました、菅沼さんお許しを!

そろそろ釣り保険にでも入ろうかなぁ。流されたケースって一体...
[PR]
by gak546 | 2009-07-01 05:10 | 釣行記
<< MAGICAL CAMP 20... Fish Onnnn!! >>